ペーパーレスな社会の国際化

オフィスのペーパーレス化への推進には、情報通信技術の活用が重要とされているようです。

ペーパーレス化イコール、コピー機やプリンター、FAXなどのOA機器の廃止ではなく、まずは従来オフィスのなかで活躍していたOA機器、すなわちコピー機、プリンター、FAXと同等の上法通信技術の活用への開拓が必要不可欠とされているようなのです。

諸外国では、日本のオフィス以上にペーパーレス化が進んでいるとされ、さらには紙の紙幣を必要としないキャッシュレスな社会の構造が当たり前とされる時代が築かれているようなのです。

これまで情報の伝達、記録の要として活用されてきた「紙」の存在は、情報の通信技術の進化や情報のデジタル化によって大きな変化を迎えているようなのです。