社内コピールールを考える

社内でコピー機を大勢の人びととシェアして使用するなかでのマナーとして、コピー機にセッティングされている用紙hの補充を考えてみましょう。

皆さんがいざコピーをしようとコピー機を操作し始めた際に、途中でコピー用紙切れを発生してしまうと、そこでの作業の中段を余儀なくされてしまうでしょう。

コピーをする前にまず、コピー用紙の残量とこれからコピーをしようとしている枚数とが一致しているかを事前に確認しておけば、作業のリズムを崩すことなく、

ミッションを完了することにつながるとも思えますが、できることならば途中でコピー用紙の紙切れを起こさないように、コピー機を使用したあとに使用した人が補充をする、

もしくは定期的にコピー用紙にセッティングされている用紙の残数をチェックする係など設けることで、社内ルールを定着化させていくことも作業の効率化アップにつながってくるでしょう。